ヒロカのハナシ

トルコでの生活や様々な情報を書いてきます

【ヒッチハイク】トルコで1人旅!《アンカラ⇒アンタルヤ》

トルッ、コのあるある言いたい〜あるある言いたい言いたい〜

トルコ〜の〜あるあるを〜言いたいのさ〜

トルッ、コのあるある言いたい〜時計など気にせずに〜

「アイスは市販が1番う〜まい〜(トルコアイス有名なのに、、)」

(TUBEシーズンインザサンにのせて)

 

 

メルハバ!!!!

 

今回はヒッチハイク一人旅第二弾ということで、前回の続き「アンカラからアンタルヤ」までをヒッチハイクメインで書いていこうと思います!!

前回の記事はこちら↓↓

www.hirokano874.com

 

この日はアンカラの東の主要道路からスタート!

f:id:hiro_flower:20190626010830j:plain

大きい道路にあるガソリンスタンドの近くからスタート

ガソリンスタンドの前とか近くは結構おすすめです!

・ドライバーへの直接交渉ができる

車のスピードが比較的落ちやすい

疲れたら何か買って休憩できますしねw

 

1時間半くらい待ったところでトラックの運ちゃんが止まってくれました。

「もっといいところが(ヒッチハイクに適した場所)があるよ」と降ろされたのはここw

f:id:hiro_flower:20190626010457j:plain

回りなんもない

車のスピード鬼早い

犬が来るわ

で、マジで最悪でしたw

だいぶ落ち着かなかったですね。

このゾーンでだいぶ疲れました。

 

でようやく止まってくれたのは強面のお父さんが運転する家族連れの車。

アンカラの中心部まで乗せて行ってもらいました。

 

次に捕まったのがポラトル行きのドルムシュ。

疲れてたんでこの優しさに甘えましたw

ドルムシュ・・・トルコの乗り合いタクシーである地点からある地点までの間だけを走る小型バス的比較安く早く長距離を移動することができるので、その目的地まで行きたい人たちは頻繁これを利用します

 

 着いたポラトルでなんとヒッチハイク仲間に遭遇します!

f:id:hiro_flower:20190628020226j:plain

18歳の青年、名前はフラット

 僕の方から話しかけました。

するとまさかの目的地が同じアンタルヤwww

偶然すぎました(笑)

 

ヒッチハイクに適した場所を見つけられるようになると、意外と頻繁にヒッチハイク仲間と遭遇します。

自分からどんどん話しかけて、現地の人の力を借りちゃうのが成功へのカギの一つです!

 

彼とはすぐ仲良くなって、開始すぐに1台のトラックが停車!

f:id:hiro_flower:20190628021141j:plain

ポラトル⇒アフヨンまで乗せてくれたトラックの運ちゃん

彼にはアフヨンまで連れて行ってもらうことになりました。

アフヨンはちょうど中間地点です。

土地的に真ん中ということもありバスがいろんなところに出ています。

 

アフヨンについてからは2時間くらい歩いた気がします。

歩きながら車を待ち続け夜の20時に。

野宿を覚悟しました。

そんな時に止まってくれたのががこのデニス植野似の男性↓↓

f:id:hiro_flower:20190628022916j:plain

優しさあふれるデニス植野

めちゃめちゃ似てるwww

 イスパルタというバラで有名な街まで連れて行ってくれることになりました。

夕飯もおごってくれて、最高かよデニス(笑)

 

ここで時計を見ると夜の23時。

もうすぐ日付またぐやんけ。

ここまで来たら意地でも今日中にアンタルヤについてやるw

深夜テンション突入(笑)

f:id:hiro_flower:20190628023914j:plain

無駄に気合入るフラット

信号の前でスタンバって止まった車に直接交渉しまくりました(笑)

 二人で手分けしてやった分30分くらいで家族連れの車を見事ゲット!

 

お父さんとお母さんと3人娘の5人家族でした。

写真はNGということで残念ながら撮れませんでした。

てかまず車パンパンで写真どころじゃなかったですね笑

よく乗せてくれましたねほんとに、トルコの家族優しすぎw

 

無事アンタルヤに到着!

f:id:hiro_flower:20190628074715j:plain

アンタルヤ、カレイチ

 フラットは俺のホテルまでついてきてくれてそこでお別れを言いました。

彼スマホ家に忘れてきてたんで

電話番号をスケッチブックに書いて渡すっていうw

何年振りかってくらいの古典的なやり方で

連絡先を交換してさよならしました。

たった1日を過ごしただけなのに別れたあとにはとても寂しくなります。

この後しっかりとインスタグラムとワッツアップを交換し、たまに連絡を取っています。

 

こういう他では経験できない出会いと別れがあるからこそヒッチハイクを続けている人は多いのでしょうね!

 

ホテルに到着。

速攻で風呂入って寝ましたw

ホテルはこんな感じ

f:id:hiro_flower:20190628075752j:plain

ミニヨンホテル

f:id:hiro_flower:20190628075438j:plain

 

f:id:hiro_flower:20190628075617j:plain

f:id:hiro_flower:20190628075357j:plain

 ホテルマンの人もめちゃめちゃ優しくて

てかイケメンで

人間出来てるなーと感心。

部屋もむちゃくちゃ綺麗で静かなのでアンタルヤに来た際はぜひ泊まってみてください!

 

 地名だけいわれてもどこだよってピンとこないと思うで、一応アンカラからアンタルヤの移動経路と途中地点の地図のせときますね。

f:id:hiro_flower:20190628081827j:plain

 度アップ過ぎて見づらいですね、すいません。w

まーでもこのブログを通してみんなトルコの土地勘に強くなりましょう(笑)

 

今回はこのへんで。

次回はアンタルヤの魅力についてお話します!

 

 

ではまた!

gülegüle✋