ヒロカのハナシ

トルコでの生活や様々な情報を書いてきます

【トルコのウユニ塩湖】トゥズ湖に行ってきた

メルハバ!

 

もうめんどくさいのと、ネタが尽きてきたのもあって

あるあるはやめましたww

f:id:hiro_flower:20190804023549j:普通

ってことで、今回はトルコのウニ塩湖ともわかる「トゥズ湖」についてご紹介したいと思います!

 

トルコに来たときは1度はいってみたいところです

僕が訪れた際には残念なことに水は貼っていなかったので

水面に景色が反射して写す、空と地面が一体化して見える幻想的な空間は

カメラに収まることができませんでした(涙)

 

しかし水は貼ってなくても

一面ホワイトになっている異世界のような景色を味わうことができます!

ウユニ塩湖でもそうですが、運がよけば…って感じですね(笑)

f:id:hiro_flower:20190804074734j:普通

なかなかこの壮大さが伝わらないのが悔しいw

日差しの照り返しがすごいのでサングラスは必須です!

 

さて、問題の行き方についてですが

首都であるアンカラからバスで目指すのが一般的です

 

アンカラのオトガルからTuzGölüというバスがでています

値段30TL(日本円で600円)

バスに1時間半くらい揺れると赤い丸で囲まれた部分に到着します

f:id:hiro_flower:20190804073838j:プレーン

しかしこのトゥズ湖、行くのは簡単ですが戻るのが難関

戻るまでのバスがないので

①ヒッチハイクをして車を止めるか

②走っているバスを止めるか

の2択になってしまいます。

 

カッパドキアをそのまで指すのが1番しっくりくるかもしれないです!

アンカラに戻って北部を目指すのもありだと思います。

コンヤ周辺に行くのもいいプランですね。

 

車は案外簡単に止まると思うので安心してください!

個人で車で来ている方や、団体のツアー客以外はヒッチハイクをするしないので、同じ目的地の人がいるかどうか、一か八かで声をかけてみるのもありだと思います(笑)

 

僕はアンカラまで戻るつもりだったので、けなげに30分間ホテルの目の前の広いところで待っていました。

今回は運がよく、アンカラ経由でイズミットまで行くトラックを発見したのでそのままそれに乗り込み約7時間かけてイズミットまで戻ってくることに成功しましました

 

いやーバス代浮いたのデカすぎるww

 

柔軟性のある場所だと思うので、ぜひトルコに来た瞬間

トゥズ湖⇒カッパドキア

トゥズ湖⇒アンカラ⇒サフランボルなど

トゥズ湖⇒コンヤ⇒アンタルヤなど

 というルートで旅行の計画に組み込まれみてはいかがでしょうか?

 

*ちなみにベストシーズンは6月〜9月あたりで、冬場はお勧めはしていません。

冬場のシーズンのトルコはなかなか行く場所が限られてくるので、行くとしたら夏が断然おススメです!

 

 

ではまた

ギュレギュレ〜✋