ヒロカのハナシ

トルコでの生活や様々な情報を書いてきます

【クルド問題】シリア北部へのトルコ軍侵攻について思うこと

メルハバ!

 

今回は、先日起きたトルコ軍によるシリア北部の国境沿のクルド人勢力へ向けて開始した軍事攻撃ついて書いていきたいと思います。

 

まず一体クルド人とはどのような人達なのでしょうか?

この問題を知らないと今回の事件が見えてきません。

また、日本ではあまり聞いたことがないこのクルド人問題をより多くの方に知っていただきたいという思いもあるので、出来るだけ簡単に説明していきます。

 

【クルド人について】

 

クルド人は『国を持たない最大の民族』と呼ばれ、トルコ、シリア、イラン、イラクの山岳地帯に国境を跨いで暮らしています。国境を跨いでいるため正確な調査が難しく、推定人口は2500万人〜3000万人と言われています。

僕がいま留学しているトルコは、最も多くクルド人が暮らしている国です。

言語は、クルド語と彼らが暮らしている国の言語(トルコならトルコ語)を話し、大半がイスラム教です。

 

では、なぜ彼らは国を持たない最大の民族と呼ばれているのでしょうか。

それは第一次世界大戦まで遡ります。

第一次世界大戦以前、先程あげた現在のクルド人の生活地域は、クルディスタンと呼ばれるオスマン帝国の領地の一部でした。

しかし、第一次世界大戦で負けて衰退してしまったオスマン帝国は、イギリス・フランス・ロシアの3国間で結ばれたサイクス・ピコ協定によって、領土を強制的に分割されることになりました。

 

この時に民族分布などを考えないで引かれた国境線のせいで、国を跨いでいる民族という今の状況が作られてしまいました。

 

各国に分割されたクルド人は、クルド語教育の禁止や民族衣装の禁止などの様々な弾圧を受け、虐殺事件なども起こりました。

それに反発して武装闘争を繰り返し、クルド人の独立を目指す『PKK(クルド労働党)』のような様々な組織が各国で誕生しました。PKKはトルコ政府に対して自分たちの主張を武力闘争を使って訴えているため、現在はトルコやアメリカからテロ組織に指定されています。

f:id:hiro_flower:20191011073057j:image

クルド人が居住する主な地域↑↑

 

【今回の事件に関して】

 

今回の事件に関係しているのは、このPKKの派生組織でシリア北東部からトルコ南東部にかけて支配しているクルド系民兵組織『YPG(人民防衛部隊)』です。

YPGは自国からの分離独立を目指しており、シリア内戦に紛れて徐々にシリア北部から支配地域を広げていました。

この事を懸念したトルコ政府のエルドアン大統領は、『平和の泉』と名付けられた軍事作戦を、YPGの本拠地であるシリア北部へ決行しました。

 

トルコ政府が今回の軍事作戦を決行したのには、大きく分けて2つの理由がありました。

 

①トルコ南部のテロへの脅威の排除のため

 

②YPGが占拠しているシリア北部の地域を、非武装の安全地帯にして、シリア難民の移住先とするため

 

これらの理由により、トルコ政府は今回の軍事攻撃を開始しました。

 

 

【アメリカ軍撤退に関して】

 

ここで重要になってくるのがアメリカが発表したシリア北部国境地域からの米軍撤退です。

なぜ重要になってくるのでしょうか。

それは、少し前に話題になった過激派組織『イスラーム国(IS)』の掃討作戦で、アメリカを含む連合国が勝利できたのは、クルド人勢力であるSDF(シリア民主軍)の力が大きいからです。

YPGはSDFの大部分を占めています。

つまりアメリカは今回攻撃を受けているYPGと協力関係にあることになります。

 

今回の米軍の撤退は、IS掃討に貢献したSDFを裏切る行為だと各国から批判が寄せられており、また米軍の撤退=トルコ軍の軍事攻撃の容認を意味します。

 

米軍撤退により、トルコの軍事作戦はさらに激しくなり、民間人が危険にさらされる危険が増えることになると思います。

また、YPGはトルコ軍の攻撃に対して徹底交戦する姿勢でいるので、最悪の場合大きな戦闘になる可能性があります。

 

 

【僕の思い】

 

現在トルコに留学中の僕ですが、住んでいる地域はイスタンブールの隣なので危険地帯ではありません。

しかし、自分が住んでいる国で軍事作戦が決行されることは今までの人生で一度もなかったので正直変な感じがします。

 

なにより一番不安になるのは、僕にはクルド人の友達とトルコ国境地帯に住む友達がいることです。

 

今は大学の寮に住んでいますが、実家はトルコの東部にあります。

もし戦闘が拡大してトルコの南東部まで被害が及んだ場合、民間人の避難は一体どうなるのか。

シリア北部では民間人の死者が出ています。

トルコ政府が決めたことなので僕には何もできませんが、目的がなんであれ一番大切な事は国民の命でなければいけません。

もし自分の家族が、戦争が行われるかもしれない地域にいたら夜も眠れないと思います。

 

クルド人の友達は、クルド問題についてこう言っていました。

 

『独立運動を行っている組織はクルド人の中のほんの一部よ。私と私の家族はトルコの一部です。彼らは私達とは関係ないのよ。』

 

実際に話してみると、ニュースで流れているクルド独立運動は一部の人達の行動だということがわかりました。

独立などせずに平和に暮らしたいと願っているクルド人は大勢います。

たしかにテロの脅威をなくす事は大切ですが、彼らの命が奪われることがないように、今回の軍事攻撃が速やかに沈静化してくれる事を祈っています。

 

 

長くなってしまってすみません笑

ではまた!

ギュレギュレ👋